ピアニストSの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スケルツォ 2番

<<   作成日時 : 2008/06/15 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

当地はどんより曇り空、すっきりしません。
どうも最近は北海道らしい爽やかな青空が見られません。

画像



今日は雪の美術館の音楽ホールでで9時から16時までピアノを弾いてきました。
クラシックの曲はブラームスの間奏曲だけ、あとは演歌,ナツメロ,ポップス、ジャズと気楽に弾ける曲ばかりです。

この美術館相変わらず閑散としております。
ホールでのピアノの練習には最適ですね。(笑)

時々団体客がどーっと入ってきます。
今日も中国からの団体さんが何組か来ました。

ピアノを弾いていると中国の団体の一人の若い男の方が僕の背中を叩きます。
振り向くと僕にもピアノを弾かせてというジェスチャーをします。

どうぞというとおもむろに弾き始めたのがショパンのスケルツォ2番でした。

このショパンの2番はスケルツォの中では一番有名で、最初の強烈な出だしがとても印象的です。
ショパンの曲のなかでもピアノの特性を生かした難曲の一つです。

彼はこの曲を暗譜でかなり速いテンポでいっきに弾きました。
びっくりです。(笑)

先日ユンディ・リーのTV番組で中国のピアノ人口は相当数いるといっておりましたが、まさにそれを実感しました。


もう一人、今度は日本の少年です。

4時がすぎたし誰も居なくなったのででもう止めようと思ったとき、一組の母子が一番前の席に座って真剣に僕のピアノを聴いております。
僕はこの二人のために「星に願いを」シューベルトの「のばら」弾きました。
どうもこの少年もピアノを弾きたがっているように見えます。
「弾いてみる?」というと元気に舞台に上がってきました。
そして弾いたのがバッハとプロコフィエフでした。
とても上手に弾くのでこれまたびっくりです。

すこし話をすると今日は当地でピアノコンクールの予選があってその帰りだというのです。
少年は小学六年生でピアノ歴7年だそうでとてもしっかりしたピアノを弾きます。
将来はピアニストを目指しているそうで今回の予選はなんなく通過したそうです。すごいですね。(笑)

ピアノを通して若い二人との出会い、とても楽しい時間を持つ事が出来ましたがちょっぴり羨ましくも感じたしだいです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Sさん、おはようございます。
9時から16時まで?(笑)また凄いなー。Sさんのそんな話を度々伺うといつももうビックリです。^_^ 
バッハにプロコフィエフの少年?暗譜でうーん、恐るべし!
ボクは昨日は美空ひばりでしたー♪
金魚
2008/06/16 08:08
金魚さん
自分でもよく弾くなと思います。カラオケで一人占めするのと同じです。(笑)
昼食で15分休みましたけど。
同じ曲を何回弾いてもお客さんは違いますからね。(笑)
ぜひ三回目の共演を期待しております。
pianist3chan
2008/06/16 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
スケルツォ 2番 ピアニストSの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる