ピアニストSの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 幻想即興曲

<<   作成日時 : 2008/02/23 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ショパンこの曲については以前に何回か書きました。再度しつこく。(笑)

先日のフイギュアーの国際大会で浅田真央ちゃんがこの曲で優勝しました。
カミさんが真央ちゃんの大フアンでTVで彼女の追っかけをしております。
孫娘にフイギュアーを習わせようかなんて言っております。(笑)

僕もミーハーですから華麗なスケートのあと、すぐピアノに向かってこれを弾きはじめるのです。
出来映えはどうであれ自己満足の世界です。

この曲はA−B−Aの形で構成されております。
Aの部分は右手と左手のリズムが違うんですね。
それが幻想的な響きを醸し出しているのです。
右手が16分音符を四つの間に左手で三つ弾きます。

計算すればちゃんとリズムは合わせられます。
つまり4と3の最小公倍数の12に分けて四つ目と三つ目に音を入れていけばいいわけです。
でもあの早い曲の1小節を12数えながら弾くなんて僕には出来ません。
感覚的にやるしかないのです。

これが年寄ピアニストにはとても難しいのですね。(笑)
この感覚を掴むのにかなりの時間と労力を要しました。
今は何とか・・・・。

Bの部分はとても美しいカンタービレでとても歌えます。

でもショパン自身はこの曲気に入らなかったらしいですね。
生前にはこの楽譜の出版を許可しなかったそうです。

いろいろ説があるようですが、その一つにBの部分の美しいメロディーに満足できなかったからというのがあります。
甘すぎてセンチメンタルすぎるという評論家もいるようです。

あらゆるピアノ・フアンに親しまれているこの曲、それゆえに芸術的価値が乏しいという輩がいるようです。なに言ってんでしょうね。

そんなことよりこの曲もっともっとカッコよく弾きたいと思っている僕なのです。
ユンディ・リーにちょっとでも近ずきたいのです。(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは。Sさん、おはようございます。
偶々ラジオから木枯らしが流れています。♪
お孫さん、フィギア・・いいですねー!旭川(富良野か)に相応しい!
ショパン、極めてくださいね。ユンディなんか目じゃありません!(笑)
金魚
2008/02/24 08:52
実は私、小さい頃ピアノ教室に通ってたんですが(笑)、ピアノの発表会で一番最後に先生自身が弾いたのがこのショパンの「幻想即興曲」でした。
初めて聞くナマのショパン。それもモーツアルトのソナタなんかとはチがう押し寄せる音の波に、小さい頃の私はもう圧倒!
それ以来どうも忘れられない名曲の1つです。
りんこ
2008/02/24 12:53
・金魚さん
まだまだ小さい孫娘、今はまだ親やジジババにとって夢はたくさんありますよ。(笑)

金魚さんにこう言われたら頑張るしかないですね。
ご期待に沿うよう努力します。
pianist3chan
2008/02/24 19:34
・りんこさん
ついこの間までこの曲は僕にとって手の届かない世界のものでした。
でも東京時,先生からこの曲をやりましょうといわれた時の驚きと喜びははっきり覚えております。(笑)
「英雄ポロネーズ」のときもそうでした。
努力すればある程度までは何とかなるということがわかりました。ある程度までは・・・です。(笑)


pianist3chan
2008/02/24 19:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
幻想即興曲 ピアニストSの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる